大企業の関心の高まりから急速に拡大するコワーキングオフィス

  • 東京都内におけるコワーキングオフィスの市場規模は、346拠点、6.6万坪。これは東京23区の賃貸オフィスマーケット市場規模に対して、面積ベースで1.0%の割合(2018年9月時点推計)。
  • 東京23区における賃貸オフィス成約面積に対するコワーキングオフィスの開設面積の割合は年々高まっており、直近2018年は7.9%。賃貸オフィスマーケットにおけるコワーキングオフィスの存在感は急激に高まっている。
  • 市場規模が急速に拡大した理由は、大企業の関心が高まったためだ。これまでは個人やスタートアップ企業がオフィスコストを抑える目的で利用する小規模なコワーキングオフィスが多数を占めていた。しかし近年は、大規模なコワーキングオフィスが出現してきたことで、生産性向上や従業員の利便性を高める手段のひとつとして、大企業もコワーキングオフィスの利用を検討するようになり、このような新しい需要が市場規模の拡大を後押しした。

 

コワーキングオフィスは従来のオフィスのあり方を変える

  • 働く場所、時間、賃貸借契約の柔軟性が益々求められるようになっていることや、会計基準の変更など、今後もコワーキングオフィスが増加する要因は多く、当面は市場規模の拡大が続くだろう。大企業にも利用が浸透すれば、従来のオフィスのあり方にも変化をもたらす可能性もある。
  • 市場規模の拡大が見込まれ、賃貸オフィスマーケットにおける存在感が高まる中で、コワーキングオフィスの動向は引き続き注視していく必要があるだろう。