日本

CBRE、メドレー本社およびグループ会社のオフィス移転プロジェクトをサポート

CBRE(日本本社:東京都千代田区丸の内)はこのほど、「医療ヘルスケアの未来をつくる」をミッションに掲げ、人材プラットフォーム事業と医療プラットフォーム事業を展開する株式会社メドレー(以下 メドレー)の本社移転において、「移転先の賃貸借における仲介(賃貸借契約アドバイザリーを含む)」をサポートしました。

2022 年 09 月 05 日

CBRE(日本本社:東京都千代田区丸の内)はこのほど、「医療ヘルスケアの未来をつくる」をミッションに掲げ、人材プラットフォーム事業と医療プラットフォーム事業を展開する株式会社メドレー(以下 メドレー)の本社移転において、「移転先の賃貸借における仲介(賃貸借契約アドバイザリーを含む)」をサポートしました。

CBREは、2020年12月に本社オフィスの再契約に関するサポート業務と本社オフィスの移転に関する専属専任媒介業務を受託しました。

本プロジェクトの実施により、メドレー本社およびグループ会社は、入居していた「住友不動産六本木グランドタワー」から「六本木ヒルズ森タワー」に移転し、当ビルの13階がメドレーの新たな拠点となりました。

CBREは、新本社オフィスの構築において、物件選定およびコスト・スケジュール・品質の厳格な管理のもと、柔軟な働き方の推進をサポートするためのオフィスビルを選定し、当プロジェクト遂行に貢献しました。

本プロジェクトを統括した、取締役社長室長の田丸雄太氏は、「成長速度の速いベンチャー企業にとって、人員急増への対応とコスト最適の両立を、柔軟なアイディアを持って検討することが重要でした。オフィス選定の条件としていたのは、主に3点。はじめに、フロア移動がなく、社員たちがスピーディにやりとりができるようワンフロアの床面積が大きなビルであること。次に、周囲に飲食店などチーム間でのコミュニケーション、コラボレーションを促進できるような施設が充実していること。そして最後に、コロナ禍でオフィス戦略も各社異なってくる中で、企業としての利益率を過度に圧迫しない競争力の高い賃料が確保できることでした。これらの条件を満たし、さらにそのうえで、移転後どのようなリスク、メリットが生まれるのかの検証もCBREの専門チームに相談し、当社に最適な条件を導き出しました。慎重な検討の結果、我々の目指す機能性の高いオフィス環境を構築することができました」と述べています。

また、CBRE アドバイザリー&トランザクションサービス オフィス シニアコンサルタントの黒田 之寛は、「今回は、メドレーの社員のみなさまに、日々業務効率や常に最適な状態で業務に向き合うことができる機能性の高い執務環境を提供できるオフィスの選定に腐心しました。また、賃貸借条件面において、クライアントの利益最大化の実現に向けたサポートを実行できたことは、我々にとっても非常にやりがいのあるプロジェクトでした。今後も、多様化かつ高度化するクライアントのご要望にお応えできるよう、引き続き努めてまいります」と述べています。

プロジェクト概要


担当主要部署:

アドバイザリー&トランザクションサービス オフィス 黒田、石谷、山岸、青木


企業名

株式会社メドレー


施設名

本社オフィス


所在地

東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー


移転日

2022年6月27日


延床面積

約1,300坪


収容可能人数

約900名


CBRE業務

テナントレップ業務


 

当プロジェクトに関するお問い合わせ先
CBRE アドバイザリー&トランザクションサービス オフィス シニアコンサルタント 黒田 之寛 
Tel. +090-1660-5752
[email protected]

CBREアドバイザリー&トランザクションサービス オフィスについて
日本国内における豊富なオフィスマーケットデータと長年培った確かな知見・経験を活用し、お客様の事業目的に沿った不動産ソリューションを提案いたします。 - 生産性の向上と、立地、ポートフォリオ、そして資本構造の最適化に対するアドバイザリーサービスを通じて、職場のパフォーマンス、優秀な人材の確保に関する相対的なソリューションを提供し、最終的には様々な角度からコスト削減や事業用不動産の有効活用等の戦略を立案・実行し、お客様の目的を実現するお手伝いをします。


PDFダウンロード

CBRE日本法人について

CBRE日本法人(シービーアールイー株式会社)は、不動産賃貸・売買仲介サービスにとどまらず、各種アドバイザリー機能やプロパティマネジメント、不動産鑑定評価などの17の幅広いサービスラインを全国規模で展開する法人向け不動産のトータル・ソリューション・プロバイダーです。CBREの前身となった生駒商事が1970年に設立されて以来、約半世紀以上にわたり、日本における不動産の専門家として、全国9拠点で地域に根ざしたサービスを展開してきました。企業にとって必要不可欠な「ビジネスインフラ」として認められる不動産アドバイザリー&サービス企業を目指して、国内約1,400名*のプロフェッショナル(*子会社を含む)が、最適かつ的確な不動産ソリューションを中立的な立場で提供いたします。詳細につきましては日本国内ホームページ www.cbre.co.jp をご覧ください。

公式Twitterアカウント: @cbrejapan


CBREグループについて

CBREグループ(NYSE:CBRE)は、「フォーチュン500」や「S&P 500」にランクされ、ダラスを本拠とする世界最大の事業用不動産サービスおよび投資顧問会社です(2023年の売上ベース)。全世界で130,000人以上の従業員(ターナー&タウンゼントの従業員を含む)が、100カ国以上でクライアントに対し、幅広いサービスを提供しています。不動産売買・賃貸借の取引業務、プロパティマネジメント、ファシリティマネジメント、プロジェクトマネジメント、事業用不動産ローン、不動産鑑定評価、不動産開発サービス、不動産投資マネジメント、戦略的コンサルティングを主要業務としています。

※免責事項:本文書は貴社の責任と判断で利用いただくものであり、弊社は、貴社又は第三者が本文書に基づいて行われた検討、判断、意思決定及びその結果について法律構成・請求原因の如何を問わず一切の責任を負わないものとします。