• 日本におけるリテール及びホテルマーケットの国内需要の割合は、リテール95.4%、ホテル90.7%と、世界の主要地域の中でも高い割合を示している。

 

  • そのため、インバウンドの戻りはしばらく先になったとしても、国内の人流さえ戻れば、国内需要のみでも高い回復力を有する国と言える。 

 

  • 消費活動の抑制や各種給付金によってペントアップ需要(繰り越し需要)は着実に蓄積されている。今後、人流再開とともにこの需要が顕在化するだろう。またその需要は、消費の単価が上がる形で顕在化しやすいと考えられる。