• 多くの企業がワークプレイスを見直そうとしています。ワークプレイス変更の理由としてもっとも多く挙がったのは、「多様な働き方への対応」、「生産性の向上」、「従業員の満足度の向上」の3つです。それらを実現するために、ABW、シェアオフィスの利用、在宅勤務の導入など、多様な働き方を可能にする方策が検討されています。
  • フレキシブルなワークプレイスをオフィス内に導入することは、働き方そのもののフレキシビリティの促進にもつながっています。ABWやフリーアドレスなどのフレキシブルなワークプレイスを採用しているテナントの多くは、今後、シェアオフィスの利用が増加することも見込んでいます。また、在宅勤務の導入も進んでいます。
  • オフィスビルやワークプレイスへのニーズも変化しています。従業員の満足度を高めるという観点から、社内カフェやコワーキングスペースなど、オフィス内のアメニティに対するニーズが高まっています。また、テクノロジーの進化とともに、オフィス立地として関心がもたれるエリアも分散する傾向がみられています。